片付けられない人 口癖 特徴

「片付けられない人」の口癖の特徴は理由付けです

スポンサーリンク

テレビや雑誌などで、「片付けられない人」が、話題になる事があります。
周囲からすると、片付けられない状態にびっくりする事もありますが、本人にとっては、理由をもっている場合もあります。
「片付けられない人」の口癖の特徴に多いのが、「暇がなくて」があります。
所謂片付ける暇がない、という特徴のある理由を述べて釈明している状態です。
口癖になっている場合には、自分でも、片付けられない状態については、承知している事も多くあります。
唯、仕事や家事などで忙しいから、暇がないだけ、を理由に片付けるのを避けているともとれます。
「片付けられない人」の口癖の特徴には、時間を理由に挙げる人もいます。
上記における暇とは、捉え方に違いをもちます。
暇の場合には、暇を持て余すという言葉がある様に、片付ける事を暇と捉えています。
もっと他に、やる事があるから、私は暇じゃない、が弁明の特徴にもなっています。
一方で、「時間がなくて」など、時間を口癖の中に入れているのは、時間に追われている状態も示しています。
暇がなくて、よりもどちらかと言うと、遠慮がちに言い訳を使っている「片付けられない人」の心情が窺えます。
人に釈明する場合にも、申し訳ない様な表情をもって、現状説明する場合があります。

スポンサーリンク

「片付けられない人」は、口癖に「だって」を使う事がよくあります。
特徴としては、相手から片付けられない状態を指摘された時などに、即時反応する形で発せられます。
この場合には、自分が片付けられない人である事に、気付いていない可能性もあります。
場合によっては、多数回に渡る人からの指摘などを受けているというケースもあります。
にも関わらず、自分では認識していないので、「だって」という言葉が口を突いて出ます。
特徴としては、他人事と捉えている節もあるという点です。
「片付けられない人」の口癖の特徴は、何かの理由を付ける場合が多く見受けられます。
片付けられない状況を、理由があるから、正当化している状態でもあります。
「片付けられない人」が理由を述べて口癖を口にした場合には、片付ける時間を作る、という事をテーマに話してあげる必要などもあります。
片付けは、毎日行っていると、短時間で作業も済みます。
唯、毎日片付けれないままで過ぎていくと、その蓄積が大きくなります。
「片付けられない人」の口癖の特徴は、何かしらの理由付けがでもあります。
頭から否定するよりも、毎日の生活に時間を作る、継続する事に結果が表れる事を、理解してもらう事が大切なのです。

スポンサーリンク