「なんかいいことないかな」 口癖 心理

「なんかいいことないかな」が口癖の心理は、変化を求めています

スポンサーリンク

発した言葉によって、その人が現在能動的な心理状態であったり、受動的な心境を表しているなどを見分ける事も可能です。
「なんかいいことないかな」という口癖をもっている人は、寂しがり屋の性格などもあります。
心理状態としては、相手に行動を起こす事を求めている可能性もあります。
例えば、恋愛関係にある人と一緒にいて、「なんかいいことないかな」と発言する場合もあります。
この場合には、何もしないで2人で過ごしている状態よりも、場所や行動を変える事を望んでいる心理状態でもあります。
一人では、行動を起こし難い、寂しいけれども、一緒に何かをしたい気持ちが垣間見えます。
やや落ち着いた恋愛関係の中での口癖で、サプライズ演出などの変化を示してあげると、気持ちも高揚します。
友人関係の中で、「なんかいいことないかな」という言葉が口癖になっている人もいます。
学生などの場合には、人によって、勉学が中心の生活になっている人も多く存在します。
変化や大きな喜びに繋がる様な機会が少ない時に、「なんかいいことないかな」と口癖になっている場合があります。
いいこと、というプラス思考を求めている様に感じますが、結局のところ面白みのある事、変化などを求めている心理状態といえます。

スポンサーリンク

恋愛をしていない時には、時間を持て余す事もあります。
恋愛をしている最中は、相手と過ごす時間が不規則、規則性をもっていたとしても、どこかで必ず一緒に過ごす時間などがあります。
屋内で一緒に過ごす事もあれば、屋外に出て、何処かに出かける、イベント事をもつ場合もあります。
その状態を経験している人は、恋愛をしていない時に、「なんかいいことないかな」と口癖になっている場合があります。
「なんかいいことないかな」のいいこととは、新しい恋愛、恋愛相手を暗に示す心理状態でもあります。
「なんかいいことないかな」が口癖になっている人は、現在の心理状況は、まだ自分から能動的に動く意志が固まっていないとも捉えられます。
口癖として口に上る頻度が高いほど、空虚な心理状態を示している場合もあります。
つまりは、現在の自分の状況に、満足感を十分にもっておらず、偶発的な事象の発生を望んでいる心理状況です。
「なんかいいことないかな」と、つい発してしまうのが、自分でも意識できずに、口癖になっている可能性もあります。
「いいことは、自発的に一緒に探そうよ」と提案すると、遊びや他の面でも、立案に積極性が出る可能性があります。
友達関係であるなら、少し時間を持て余しな状況を理解して、一緒に行動を起こす場面に繋げる事も可能です。

スポンサーリンク