別にいいけど 口癖 心理

別にいいけどが口癖の心理状態には自信もあります

スポンサーリンク

日本語は奥が深いといわれますが、否定なのか肯定なのかわからない、という指摘をされる場合もあります。
言葉を発する人の気持ちなども加わるため、心理状態を探るには、口癖から分析していく事なども可能になります。
別にいいけど、が口癖になっている人の心理状態は、常に自分の意思なども提示している場合が多くあります。
別にいいけど、の「いい」の部分は、相手から発した内容への肯定と受け取れます。
しかし、最後の「けど」の部分においては、逆説的な内容が後に続く可能性を示しています。
別にいいけど、が口癖になっている場合には、取り合えず相手の言う内容は受け止めた、でも、という心理状態です。
決定的に、反論を占める内容が後に続く訳ではありません。
口癖になっている場合は、相手に対する自然な反応になっている可能性もあります。
その人にとっては、取り合えず、別にいいけど、という言葉からやり取りが始まっているといえます。
別にいいけど、という言葉は、相手からの問いかけなどに反応する始まりの言葉でもあります。
途中で切れた状態でもあるため、けど何なの、という相手の関心も引く場合があります。
友人同士など、慣れ親しんだ関係性の相手だから使える、という信頼性を基本にした心理状態なども読み取れます。

スポンサーリンク

別にいいけど、が口癖になっている人の中には、反骨精神的な心理状態になっている人も見受けられます。
例えば、職場などでは、仕事をする場所となりますが、仕事を仲介として、人との関わりもあります。
特に、自分の行う仕事に自信をもっている人に多く見られますが、心理の奥深くに、「いや、ちょと待って」の気持ちが窺えます。
本来であれば、自分のやり方を詳細に説明したいところを、別にいいけど、という言葉で押し留めている心理状態でもあります。
口癖になっている場合には、それだけ多くの仕事内容に精通している状況なども読み解けます。
別にいいけど、が口癖になっていても、語尾が上がっている場合などもあります。
特に女性に多い傾向が見られますが、この場合には、それでどうなるの、どうするの、という心理状態です。
相手からの何らかの会話に対する言葉であるため、相手の申し出を一旦受け止めています。
その後はどうなるの、という関心に近い気持ちをもって、相手に問い返している状況でもあります。
口癖になっている場合には、誰と対応する時にも、相手の話の内容に関心を示していると推察できます。
別にいいけどの口癖は、同僚や友人、目下の人との会話において、よく聞かれる言葉でもあります。
反論に限らず、誘われた内容に応じる場面などでも、よく使用される事があります。

スポンサーリンク