好きになってもいいですか 告白 心理

「金が無い」を口癖にする人の性格は人に対してオープンな性格です

スポンサーリンク

自分の環境に関する状態は、時に人との会話においての発言に、気持ちが出てしまう事などもあります。
「金が無い」が口癖になっている人の性格は、物事を隠す事無く、オープンにするタイプでもあります。
「金が無い」というのは、自分の経済状況というプライベートな部分を曝け出しているという状態でもあります。
どちらかというと、お金があるという恵まれた状況ではないため、一般的には、人に知られたくない状況といえます。
口癖になっている場合には、経済状況でさえも、包み隠さない性格と判断されます。
職場などでも、「金が無い」という言葉が口癖になっている場合は、性格としてオープンでもあり、ルーズな可能性もあります。
職場の場合には、仕事をする場所として、周囲に人もいます。
社会的な自分の立場を示す事にもなる場所ですので、マイナスなイメージを避ける傾向もあります。
昇進など、職場内における将来的な可能性などを考える人も存在しています。
にも関わらず、「金が無い」を口癖の様に発言できるのは、性格として、良い面ではオープンです。
唯、実際には、経済管理ができていない事を自分で示している形でもあるため、ルーズな一面をもっているなどとも判断されます。

スポンサーリンク

 友達関係の中で、「金が無い」を口癖にしている人もいます。
どちらかというと、男性に多く見られる傾向がありますが、女性でも口にする人はいます。
友達関係があるので、確かにプライベートな部分を曝け出す場面もあります。
それだけ、友達としての関係性の深さなども示している状態ですが、性格的には、率直さをもっているといえます。
「金が無い」など、経済状況を示す内容でもあり、口癖になっている場合には、金が欲しいという事も意味していると捉えられます。
性格的にも、素直さがある反面、ストレートで、短絡的な部分がある可能性もあります。
恋愛関係がある中で、相手の男性が「金が無い」と口癖の様に発言する場合もあります。
この場合には、性格を判断するには、状況を鑑みる必要が生じます。
例えば、自分のお金を使う事を余り好まない人も、世の中には存在します。
所謂倹約家タイプの人は、「金が無い」を口癖にする場合があります。
恋愛相手にも、発言する機会が多い場合には、性格として、お金にはケチである可能性もあります。
唯、結婚を真剣に考えている相手との会話では、結婚資金を貯めるために、敢えて発言している可能性なども否定できません。
自分を曝け出す性格の人も多いですが、真意については、状況を深く探る必要もあります。

スポンサーリンク