腹黒い人 口癖 心理 特徴

腹黒い人の口癖の特徴は、相手の心理さえも読んでいます

スポンサーリンク

腹黒い人は、自分の本心を余り見せたがらない場合が多くあります。
自分なりの計画性をもって、人との接触をしている事があるのです。
腹黒い人の口癖に、「そんな事ないよ」があります。
比較的、誰もが謙遜の意味を込めて使用する場面となります。
人によっては、謙遜よりも、心理的には、自分を中心とした見方をしている特徴があります。
人から褒められた場合などにいつも、口癖として「そんな事ないよ」と発言する場合が多くなります。
でも、実は「だろう、俺だもん、私だもん」という心理的な特徴をもっています。
腹黒い人の口癖に、「そうですよね」という、相手の言葉に相槌を打つ特徴をもった言葉があります。
腹黒い人は、見方を変えると、人との付き合いをそつなくこなす傾向もあります。
人付き合いによって、自分にも利益になる事があると感じているからでもあります。
口癖にも、相手を受け入れる姿勢が明確で、特に目上の人など、仕事などでの関わりがある場合にも、口癖になります。
特徴としては、相手の言う事に同調する言葉でもあり、同調する事によって、相手との関係性を深める、距離を縮小しています。
心理的には、あなたの意見と同じですよ、そしてお近付きになれますね、の意味がこもっています。
心理的な部分には、表の顔と、心の奥底の顔の両方が存在します。

スポンサーリンク

腹黒い人は、自分の計算高い部分や、人の動きを俊敏に察知する性質を自分で理解しています。
その部分を人に知られたくない、という場合も多く、自分への質問を警戒する口癖の特徴などもあります。
自分が質問を受けても、軽く返答しながら、「自分はどうなの」と切り返す場合が多くあります。
周囲に複数の人がいる場合などにも、自分への質問をかわすために、相手に質問を仕返します。
心理状態としては、自分のプライベートな部分へ入られる事を警戒しています。
腹黒い人の特徴は、話を誘導するのが上手いという特徴ももっています。
心理的にも、相手の興味を引いたり、自分側の話に寄らせる技術があります。
腹黒い人の口癖では、「でもね」を上手く会話の中に入れてきます。
重たい「でもね」よりは、次の話に誘導できる様に、明るい感じで言う口癖になっています。
心理的には、自分の話を聞いてもらいたい、自分の話に耳を傾けてもらいたい訳ですから、相手の興味を引く内容が続きます。
腹黒い人の心理状態は、相手の心理なども読み込んだ特徴もあります。
相手が次にどんな態度に出てくるか、などを把握しているといってよい状態です。
自分側、たとえ小さくても、自分の利益に繋がる様な誘導が上手い特徴をもっています。

スポンサーリンク