口癖でわかる 性格 心理 無意識  

口癖からわかる心理と性格、言葉に無意識の現れが出る

スポンサーリンク

口癖でわかる心理があります。
例えば仕事中に疲れたという発言が多い人は、本当に仕事内容に疲れたというよりも仕事の内容に退屈しているケースが多いです。
そのためそのような人が興味を抱く仕事を与えることによって、仕事量が多くなっても疲れたという発言をしなくなります。
また議論の最中に「でも」という口癖が多い人の性格は、自分の間違いを認めない人が多いです。
相手の主張に対して本心では認めたくない心理が、「でも」という返答になります。
このような性格の人に対しては、その場で注意をするよりも相手が自分の経験を得て自分の間違いに気が付く事を見守る方法が良いです。
また、要するにという口癖が多い人はせっかちな性格な人が多いです。
会話を早くまとめたいという本心が隠されています。
その反面で頭の回転が早い人も多いのが特徴です。
口癖でわかる相手の心理としては、会話の最中に疑問詞が多い人は慎重な性格の傾向があります。
石橋を叩く性格の人だという特徴があります。
子供よりも大人の方が口癖でわかる事が増えます。
それは子供の場合は他人の真似をして口癖が増える時期がありますが、大人の場合はその人の本心が口癖を作っているケースが多いからです。
相手の心理状態が口癖でわかるために、対人関係で有効活用できます。

スポンサーリンク

口癖でわかる相手の性格としては、何か問題が発生した時に「やっぱり」という口癖が多い人は責任転換しようという本心が隠されているケースが多いです。
本当に責任感がある人の性格は、問題が発生する前に厳しい事を言って問題点を指摘します。
さらに口癖でわかる相手の心理としては、恋人関係で頻繁に寂しいという言葉を使う人は本心では相手と心理的な駆け引きをしているケースがあります。
寂しいという言葉を使うことによって、恋人に自分の気持ちを察して欲しいという願望が含まれています。
同様に恋人関係で口癖でわかる相手の本心としては、すぐに「別れる」という言葉を使う人は、相手を困らせることによって自分の関心を惹きつけたいという心理が隠されているケースが多いです。
このような人は本心では別れる気持ちがない点が特徴です。
また口癖でわかる相手の性格としては、喧嘩をした場合に「出ていく」という言葉をすぐに使用する人は、理性タイプではなく感情的なタイプな人が多いです。
喧嘩の原因を分析せずに、自分の感情を発散したいという心理が根底にあるからです。
また、出ていくという口癖が多い人は喧嘩をした場合に自分が悪くないという本心が推測されます。

スポンサーリンク