恋愛依存症 別れ方 口癖 特徴

恋愛依存症の人の口癖の特徴から別れ方を探る必要あります

スポンサーリンク

恋愛に臨む姿勢は、人によって違いもありますが、恋愛依存症になって、生活が恋愛中心の捉え方になる人もいます。
恋愛依存症の人の口癖は、女性の場合には、会話によく『彼が』、あるいは相手の下の名前が登場する事があります。
特徴は、正しく恋愛相手が会話の中によく出てきます。
口癖には、相手を中心にした考え方、自分の意見であっても、相手寄りになっている事も特徴になります。
生活の中心に恋愛相手が常に存在しているため、別れ方にも特徴があります。
恋愛依存症の人が、別れを相手から切り出された場合の口癖となる特徴は、『私のどこが悪いの』などです。
恋愛依存症の場合には、恋愛相手や恋愛そのものが、日常生活の中心に存在しています。
どこにも別れるなどを予想する余地がないため、別れを認識できない、という特徴をもった口癖になります。
恋愛依存症の人との別れ方は、本人に別れの時がきている事を自覚してもらう事がポイントになります。
恋愛依存症の人は、普段のより所となる部分が、恋愛、もしくは恋愛相手になっています。
別れ方には、意識の変革が必要になるといえるのです。
『私のどこが悪いの』といわれた場合、別れ方としても、相手を納得させるだけの明確な理由が必要です。

スポンサーリンク

恋愛依存症の人の口癖の特徴は、恋愛相手と一緒にいる時には、『どう思う』という言葉で意見を求めてくる事が多くあります。
口癖を裏側から読み解くと、自分の意見を二の次にしている特徴なども有しています。
普段の口癖になっている言葉から、いかに恋愛相手に依存した状態、心の内側をもっているかが窺い知れます。
恋愛依存症の人との別れ方は、相手との境界線を示す事も必要になります。
恋愛や恋愛相手に依存しているため、恋愛相手が自分に同化している様に感じている可能性があるからです。
どうしても自分と相手、相手の立場などを、区別できない様な口癖を発する場合なども多くなります。
相手が恋愛依存症だと気付いている場合には、別れを切り出すのが辛く感じる事もあります。
唯、別れ方に別れや自分の別れたい理由を明示しないと、関係がズルズル継続してしまう可能性などもあります。
 別れ方の一つには、やはり多少の時間や期間が必要になると予測されます。
恋愛依存症の人は、それだけどっぷり現在の恋愛に心や思想などが埋まっているため、別れる意識、生活の移行がし難い特徴をもっています。
場合によっては、別れ方にも、複数回の話し合いの場をもったり、別れを納得させる機会をもつ事が必要になります。

スポンサーリンク